ワンピースネタバレ733話の確定!Dブロック決着でレベッカは?

<スポンサードリンク>

73302

ワンピースネタバレ733話きたーーーーー!!

とりあえず簡易バレだけ載せてますので、詳細は後ほど追記したいと思います。

※詳細追記しました

 

 

ワンピースネタバレ733話の確定!

 

※こちらは簡易バレです

スレイマンと対決するレベッカ、 さらにオオロンブスやキャンベンディッシュ、

シャーマンマミーやダマスクなど 有力選手が次々と勝ち進んでいく。

 

一方おもちゃの工場についたウソップたち、

指揮を取って下さい!と小人たちに言われ、 ビビりまくるウソップ。

 

どうやらシュガーとトレーボルは、 中央の幹部塔の中にいる模様。

しゃべっていると敵2人に見つかるウソップ。

ウソップがビビっていると、 小人たちが瞬間的に服をはぎ、

さらにハンマーで叩いて地面にめり込ませる。

 

小人たちの強さに驚くウソップとロビン。

 

敵の服に着替えて変装したウソップとロビン。 このまま工場に忍び込む模様。

小人の強さを見たウソップは自信をつけ、

「俺について来い!」と指揮を取り出す。

ロビンは「・・・」

 

 

おもちゃの兵隊はウソップたちとは 別ルート(リフト)側から攻め込んでいる。

荷物の中に隠れる兵隊さんたち。

 

そして敵の一瞬の隙を突いて箱から飛び出すと、 すさまじいスピードで敵を倒していく。

途中レベッカの事を思い出しながら、 国をリク王の元に戻すと燃える兵隊さん

 

一方Dブロック、選手たちがみんな吹き飛んでいる。

 

その中で一人立ち上がろうとする選手が!

733話、ここで終了

 

 

詳細を追記しました。

※詳細ここから

 

ガキィン!!

レベッカ「ハァ・・ハァ・・」

解説「スレイマンが行った~~! ディアス海戦の英雄は今や戦犯として国を追われ! 闇の世界を渡り歩く恐怖の人きりに!」

客「くたばれレベッカ~~!」

客「スレイマン首をはねろ~~!」

 

解説「その構えまるで生気のない、亡霊の如し!」

スレイマン「オレは国のためにやったんだよ。祖国を愛してた お前はどうだ?かように嫌われていては この国で息をするのも辛かろう・・・」

レベッカ「・・・・」

レベッカ「どんなに辛くてもいい、誰に嫌われてもいい! 私は兵隊さんと暮らしたいんだ!!」

 

 

まだくたばらない憎きレベッカを含め、 Dブロック生き残りはすでに約30名!」

解説「いや!また敗者が一人、もとい一匹!」

「ウオオオオオ!!」冒険家ヨンタマリリア王国 オオロンブス

解説「何十人もの犠牲者を出しリングを血に染めた拳闘獅子アギョウが!!」

 

解説「今オオロンブスのムチにかかったぁ!」

客「強え~~~提督~~~~!!」

解説「オッズどおりの実力者か、予想に反するダークホースか!」

海賊 キャンベンディッシュ

呪術師 マミー

放火魔 ダマスク

解説「リク王の孫の首は誰が取るのか~~~!」

レベッカ「(兵隊さん、今どこにいるの?死なないで・・後は何もいらない!」

 

 

ドレスローザ地下「闇の交易港」

ウソ「ええ!兵隊の奴もういねぇのか?隊長だろ!」

レオ「隊長はSOP作戦が成功した瞬間に 油断したドフラミンゴを討つという大仕事があるのれす!」

レオ「トンタッタ族数名を引き連れて王宮を目指しました!」

小人「がんばれ隊長~~~!」

レオ「ここには英雄ウソランドがいてくれるれすから! シュガーを気絶させるSOP作戦は ウソランドが指揮してください!!」

ウソ「(い・・一番重要なトコじゃねぇかぁ!」

 

レオ「今僕らここれす!橋は全部可動橋」

73301

レオ「遠くに見えるあの、イソギンチャクのような建物 ーーあれが幹部塔れす!標的シュガーがいる場所!」

敵「ん?」

敵「オイ誰だ、ここでサボってんのは・・・」

ウソップが敵2人に見つかってしまう

 

ウソップ「ギャーー見つかったぁ~~もう終わりだぁ~~!」

小人1「ランボー」

小人2「おう!」

ロビン「!」

敵「おいお前らどこの船のもんだぁ!?」

ウソ「いや・・おれはあの、、通りすがりの・・」

敵「交渉人以外船から降りる事は禁じられて・・・ん?」

敵「うわぁーっ!!」

敵「ええ??妖精が出たぁ!!」

敵「身包みはがされてるーー」

 

レオ「トンタッタ」

小人「コンバット」

レオ&小人「しっぽハンマー!!」

ゴゴギィン!!

上からハンマーで叩きつけられる敵二人

ウソップとロビンはその威力に驚く

「う・・埋まっとる!!」

 

 

レオ「着替えれすウソランド、ロビランド」

レオ「いやーでも・・なんと言う機転! 怖がるふりで敵の注意を引くとは!」

ウソ「お、お前らもしかして全員こんなパワーを?」

レオ「はい、コレくらいは」

ウソ「でもノーランドの一族は海王類をしとめるのれすから足元にも!」

ウソ「(こいつらおれをどんな化け物だと思ってんだ? ーーだがしかし、こりゃオレは戦わずして勝てるかも知れねぇ)」

ウソ「さぁお前たちこのウソランドが指揮を取る!! 相手は少女!寄ってたかってビビらせにゆくぞついて来い!! いや、先を行ってくれ!」

ロビン「・・・・」

レオ「はいっ!いざ幹部塔へ!!」

 

 

王宮。オモチャの家。交易港、間

連絡リフト

 

敵「早く乗れ!」

敵「オモチャの家に侵入者だ!」

敵「麦わらの一味が現れたらしい!」

オモチャの兵隊「(フラランドだ・・・)」

敵「東のドアでセニョールピンクと交戦中! 狙いはこの階の工場だ!」

敵「仕留めりゃボーナスって噂だぜ!?」

敵「ホントか?いくら??」

 

 

敵「上へ行くぞ!」

敵「まぁ懸賞金額はがっぽり」

敵「マジ?」

敵「噂!」

敵「お前な情報は・・」

しー・・・ん

リフトが到着するとなぜか静まる敵一同

おも兵「(このままではオモチャの家と地下の往復だ リフトを乗っ取るぞ!君らは中にいろ)」

おも兵「観念しろリフトはいただく!」

敵「こいつ・・コロシアムの雷兵だ! どうやってここへ!?」

 

ドン!

敵が銃を放つもかわす兵隊さん

敵「避けた!?」

おも兵「遅すぎる」

ガンッ!!

敵「ぐあ!!」

敵「この・・・!!!」

ブン!

 

おも兵「遅い!!」

ガンッ!!

ここで過去のレベッカとの回想

おも兵「遅い!!」

レベッカ「え~~ん兵隊さんがぶった!DVっ!!」

おも兵「DVではない!私だって当てたくはないのだ」

レベッカ「寸止めでいいじゃないっ!」

おも兵「危機感なくして成長はない」

おも兵「人間の本能はもっともっと優れている! それを引き出せ!人間の力を信じろ!!」

カン カン カン カン

剣で攻めていく兵隊さん

レベッカ「兵隊さんはおもちゃなのに」

おも兵「つべこべ言うなー!!」

レベッカ「ギャー!!」

 

 

レベッカ「もう戦いなんて覚えなくていい!」

レベッカ「兵隊さんが、ずっと守ってよ!!」

おも兵「私はオモチャだ・・雨風にさらされればサビもつく・・!」

レベッカ「・・・・!?」

おも兵「いつ限界が来るか分からない、立てレベッカ!」

おも兵「強くなれっ!!」

回想終わり

ガギィン!!

おも兵「戦うための体じゃないんだ、 オモチャは所詮子供が大人になる前に 壊れてしまう物なのかもしれない」

ギシギシ・・

 

ドゴッ!!

敵「ぎゃあ!!」

おも兵「(すまんレベッカ・・ 不器用な父はただ・・ 強さしか教えられない!!)」

おも兵「ハァ・・ハァ・・」

敵「うおおっ!」

敵「コイツこんなに強かったのか!!」

敵「目的は何だ!?オモチャのクセに何が欲しい!?」

おも兵「わが子が幸せに生きていくための・・ 平和な国が欲しい!!」

おも兵(そのためならこの命くれてやる!)

おも兵「リク王家にドレスローザを返して貰う!!」

敵「リク王~~~~!?」

 

 

コリーダコロシアム

解説「何が起きた!?」

「え?」

サボ「速かったなぁ・・」

バルト「何だべ?何も見えねがった・・!」

サボ「噂には聞いていたが・・・・」

解説「な!!」

解説「なんと全員倒れてしまったぁ~~! Dブロックを生き残った強豪たちが・・・!」

解説「バタバタと倒れ、最後に誰も立っていない! ーーこんなことがあっていいのか!?」

解説「誰が何をした?Dブロックを襲ったあまりにも一瞬の事件!」

解説「いや待て・・誰かが立ち上がろうとしている!!」

73300

 

733話、ここで終了です。

Dブロックを襲った事件とは??

そして勝者は誰になる??

<スポンサードリンク>

関連記事

<スポンサードリンク>

プロフィール


旬ネタ好きな20代♂です。

好きなものは漫画だとワンピース、ハンターハンター
スポーツだと陸上競技、格闘技などですね。

あと最近ではパズドラにハマッてます。
ランク200で9割は光ホルス297。
たまにサタンと光ゼウスを使います。
フレンド申請はこちらまで→181581728
(基本ホルス297、光ゼウス、サタンレベルマのみ受付です)

ブログでは主にこれらのネタを書いているので、
コーヒーでも飲みながら
ゆっくり立ち寄っていってくださいね~ヽ(。ゝω・)ノ

Lv.1意外と強い(Д<)=

石もスタミナも時間も効率的に

ワンピースの元ネタ?のギリシャ神話

ワンピースキャラが全国の新聞に登場!

ページ上部へ戻る